買取のコツ

空間と心にスペースを設ける

断捨離をすることで心も部屋も綺麗に

断捨離はただ部屋を片付けるだけでなく、不要なものを入れないことに繋がります。これは日常の考え方にも結び付くようになるので、断捨離は部屋も生活も変えることができます。

断捨離を行なう5つのステップ

必要なものか意識する

人は無意識にものをたくさんのものを手に入れています。街角でもティッシュやうちわが配られていたらとりあえずもらいますよね。この無意識が原因でものを増やさないことを意識しましょう。

手に入れたものの不必要を判断する

街角でもらったティッシュなど、結局カバンの奥底にしまい込んで捨てる経験がよくあると思います。不必要か意識をすることで、ものを断つことができます。

不必要なものを処分

断捨離の一番重要なポイントである、いらないものを処分します。もしかしたら必要かもという考えをなくして、シンプルに今必要か必要じゃないかで判断しましょう。

処分するポイント

必要じゃないというものの中には、愛着があるものもあると思います。しかし、思い出の品を処分しても、思い出はなくなりません。また、もしかしたら必要になるかもと言う考えも、とりあえず処分して必要になった時に買いなおせばいいという考えに変えていきましょう。

断捨離で綺麗な心と空間を

断捨離ではものが片付くだけでなく、必要なものを手に入れないことがポイントになります。他の私生活にも役立つ知識だと思います。必要なことを見分ける知識が身につくことでしょう。

断捨離した時にびっくりしたことランキング

no.1

仕舞ってあった服の量

タンスの奥深くや存在すら忘れていた服がたくさん出てきたことが、断捨離を経験した人が一番びっくりするようです。後で使うかも、と取っておいたけど結局使ってないことが多いものです

no.2

必要なものを見極められる

断捨離とは捨てていく方を意識しがちですが、断捨離をした後に本当に必要なものを見極められるようになり、部屋から物が増えることが無くなったという声が二番目に多くありました。断捨離をすることで、自分にとっての必要と不必要を見分けることができるようです。

no.3

買って後悔が無くなった

三番目に断捨離でびっくりしたことは、断捨離をした後から買って後悔することが無くなったことでしょう。必要なものを見極められることで、優柔不断も解消していくのです。

no.4

次の大掃除でも大量の不用品が

断捨離で大量のものを処理したはずなのに、次に大掃除をしたときにも大量の不用品が出たこともびっくりしたことにあげられます。一度目には迷っていたものも、本当に必要かどうかがわかり、次の断捨離時に迷いなく処分することができます。

no.5

不用品を売った値段

出てきた大量の不用品を、買取に出した時に意外な値がつくことがあります。例えば大量に出てきたハンガーやクリアファイルは、必要としている人も多く、高値がつくことがあるのです。

断捨離とは

女の人

断捨離という言葉

断捨離はヨガの「断行」「捨行」「離行」の習いから考え出された整理する方法です。3つのステップによって、ものへの価値観を見直していきます。

断行で、ものを断つ

まず断捨離に必要なことは、部屋を片付ける事からではなく、新しく入ってくるものを断つことから始めます。まずは自分に必要なものかを見極めて、ものを断つことから始めてみましょう。

捨行で、ものを捨てる

いつか必要になるかもと、なかなか処理できない人が多いと思います。しかし、迷ったら思い切って処理してしまいましょう。実際に捨ててしまっても後悔したことが無いという人が8割を超えています。もし必要だったら買いなおす、というプラスの考えで、ものを処理してしまいましょう。

離行で、ものの執着から離れる

断行で必要なもの以外を断ち、捨行で不必要な処分をすることで、ものの執着から離れることで離行ができます。